御祓地域づくり協議会のホームページ

気多本宮縁起

 ~大鷲・大蛇退治、創建の由来、所口の名の由来など~

 今回は本来4月第2土日(今年なら4月9日,10日)に、ちょんこ山祭りが行われる予定だったが、今年もコロナ禍のため中止(3年連続中止)となったので、ちょんこ山祭り(正式には「気多本宮曳山奉幣祭」)の由来でもある気多本宮縁起の、神社が出来た謂れやその中に出てくる伝説(大鷲退治と大蛇(毒蛇)退治)など書かれた前半部の紹介をすることにした。

 能登国能登郡(当時は鹿島郡ではなく能登郡といった)気多本宮は延喜式(えんぎしき)神名帳にいわゆる能登生国玉比古神社と伝称するものである。
 大昔、大己貴命(おおなむちのみこと)(=大国主命(おおくにぬしのみこと))が、出雲より因幡(いなば)の国の気多崎(白兎伝説で有名な海岸)に至るルートで八上比咩(やがみひめ)のもとに通いなさっていたが、そこから鹿・亀の二霊に乗って、当国当所(能登国七尾)に渡って来られた。(上陸地は)今の府中の浦にあたる。

気多本宮(能登生国玉比古神社)

 この時、老翁夫婦が出迎えて、菓餅の二品を柏の葉に盛って饗応(きょうおう)した。そのうち一品は野老(ところ)、一品は焼付けた餅であった。
 老翁が言うには、「私はこの地に住まうこと久しい。大己貴命よ、永くこの地に留まって(能登の)国土と人民を護ってくだされ」と。(みこと)は「わかった」と返事して(一旦)去って行かれた。 

 伝説では、この老翁夫婦は、素戔嗚(すさのお)稲田姫(いなだひめ)の二神である云々とある。その後いろいろあって、ある時、この国に大鷲(おおわし)()みつき住民を殺して、家畜を損傷させた。大己貴命(おおなむちのみこと)鳳鳥(おおとり)に乗って速やかに現われ、これを退治された。

 これによってこの国の生きとし生けるものは皆(みこと)の恩徳を受けることになった。
 霊験(あらた)かだということで、孝元(こうげん)天皇の御代に、神社を建て、春秋の祭祀を厳重に執り行うようになった。

 当社を、能登の生国玉と呼ぶのは、仰ぎ見て尊崇(そんすう)すべき者であるところから由来し、また気多と呼ぶのは、(みこと)が気多崎から影向(ようごう)(=来臨)された事に由来する名である。

 本社に鎮座する神は三柱で、中央は大己貴命、左右は素戔嗚命(すさのおのみこと)稲田姫(いなだひめ)命の両尊神である。

 先の大鷲退治で大己貴命がおおとり鳳鳥に乗って至った地を今はふげし鳳至と呼び、また鷲を退治なされた所を鷲嶺(鷲嶽八幡神社と呼ばれたこともある。

 櫟原(いちはら)北代(きたしろ)比古(ひこ)神社の地・輪島市深見町と思われる)といい、(大鷲を)蔵して治したところ(退治し埋めた所)を重蔵宮(じゅうぞうのみや)(鷲蔵宮)と称号し、大己貴命(おおなむちのみこと)を奉崇。

 文明18年(1485)の重蔵宮の社記にも気多本宮より分祀された神であるという記述が見える。

 第10代崇神(すじん)天皇の御代に、能登鹿島路(かしまぢ)の湖水(現・邑知潟(おうちがた))に毒蛇が棲み、住民らを殺害し、人々の行き来を絶った。

気多本宮がもとあった場所といわれる小丸山城址公園の愛宕山で、ちょんこ山祭りの際、お祓いを行う。

 この時大己貴命は当社(気多本宮)よりその地に(おもむ)きなされ、その毒蛇を退治し、(つい)羽咋(はくい)郡竹津浦に垂跡(すいじゃく)神として現われになった。

  今の一の宮(気多神社・気多大社)がこれである。故に当社(能登生国玉比古神社)を以て本宮と称し奉るのである。 

 気多神社は、当社に御鎮座してから百年余り後の御垂跡(ごすいじゃく)の地である。
 そもそも抑当社の尊神は、諸々の地祇(ちぎ)(地の神。国土の神。国つ神。)の統領として国土の地主にておわす。故に大国主神(おおくにぬしのかみ)とも大物主神(おおものぬしのかみ)とも大国玉神(おおくにたまのかみ)とも顕国玉神(うつしくにたまのかみ)とも申す。

 国家を経営なさることから、国作大己貴命(くにつくりおおなむちのみこと)と申すこともある。さらに憤怒(ふんぬ)形相(ぎょうそう)を現して邪神を降伏(こうぶく)し、(それら悪い因縁との関係を)解き除いてくれる。故に葦原醜男(あしはらしこお)といい、八千戈神(やちほこのかみ)とも申され奉られている。

ちょんこ山祭り

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトについて

御祓地区コミュニティセンター(旧御祓公民館)は、住民が主体となって、自助、共助によるまちづくりを行う場として、また、住民が協力、連携したり、交流したりする場です。

御祓地域のコミュニティの中心となるよう、地域の皆さんが気軽に利用できるように、地域に密着した管理・運営を行います。

人気の記事

御祓地区コミュニティセンター
〒926-0806 石川県七尾市一本杉町124番地 (旧御祓公民館) TELL:0767-53-0821 FAX :0767-53-6210
メールアドレス:t-misogi770@wonder.ocn.ne.jp

お問い合わせ先

検索

このサイトについて

石川県七尾市御祓地区の暮らし・魅力を発信するサイトです。

検索

お問い合わせ先

御祓地区地域づくり協議会 〒926-0806 石川県七尾市一本杉町124番地 (旧御祓公民館) 電話番号:0767-53-0821
メールアドレス:t-misogi770@wonder.ocn.ne.jp