御祓地域づくり協議会のホームページ

開港できなかった七尾港

昭和30年代の七尾港(写真中央部の寿町が埋め立て中であることが分かる)

安政5年(1858)の日米修好通商条約で、貿易を前提とした開港場として、全国で箱館・横浜・新潟・神戸・長崎の5港が決められました。

しかし、英国は、日本海側の新潟は大型船の通行に不向きなので、代わりに能登、越中、加賀では唯一の良港である七尾港の開港を要求。慶応3年(1867)に七尾に入港しました。

開港を迫ったのは、令和3年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に登場した、駐日英国公使のハリー・パークスです。パークスは、幕末に活躍した将軍の徳川慶喜や長州の伊藤博文、薩摩の西郷隆盛など、各地の有力者と会談している人物です。

交渉した加賀藩の重役は、七尾が開港されれば、幕府の直轄地になったり、物価の上昇、領民の反対運動がおこったりするなどの理由で応じようとしませんでした。

その結果、英国は開港をあきらめました。

もし、七尾が開港をしていれば、製鉄所や造船所の産業集積による経済発展や国際貿易港として、神戸や横浜のようにグローバルな都市に発展していたかもしれません。

なお、ハリー・パークスに同行した英国外交官のアーネスト・サトウが当時のことを記録した日記が出版されています。もちろん七尾を訪問したことも書かれています。

出典「一外交官の見た明治維新」岩波文庫

このサイトについて

御祓地区コミュニティセンター(旧御祓公民館)は、住民が主体となって、自助、共助によるまちづくりを行う場として、また、住民が協力、連携したり、交流したりする場です。

御祓地域のコミュニティの中心となるよう、地域の皆さんが気軽に利用できるように、地域に密着した管理・運営を行います。

人気の記事

お問い合わせ先

御祓地区コミュニティセンター
〒926-0806
石川県七尾市一本杉町124番地
(旧御祓公民館)

TELL:0767-53-0821
FAX :0767-53-6210
メールアドレス:770misogi@gmail.com

検索

このサイトについて

石川県七尾市御祓地区の暮らし・魅力を発信するサイトです。

検索

お問い合わせ先

御祓地区地域づくり協議会
〒926-0806
石川県七尾市一本杉町124番地
(旧御祓公民館)

電話番号:0767-53-0821
メールアドレス:770misogi@gmail.com