御祓地域づくり協議会のホームページ

御祓地区ゆかりの文化人 ~島田清次郎~ 2/2

作家(1899~1930)

 清次郎は、鹿島郡役所を勤めはじめてまだ数か月ばかりだったが、10倍の給料に否もなく、役所を辞めて京都へ出る。時に19歳。
 がここも彼の傲岸な態度が嫌われ、生田長江(いくたちょうこう)への紹介状を携え、上京する。1918年(大正7年)『地上』第一部を脱稿、翌年生田長江の推挙で新潮社から刊行された。

 内容は天才肌の少年(主人公)が社会に反抗したり恋愛する精神遍歴の姿を描いたもので、理想主義的な青年の共感を得て、大ベストセラーとなる。一時は「島清」という略称でも呼ばれるほど有名になった。
 しかし続刊された第二部、第三部では概念的になり、未完に終わる。

 1922年(大正11年)欧米を外遊、米国のクーリッジ大統領、英国ではH.G.ウェルズとも面会。

 欧州旅行後は、文壇の中で傲岸不遜な態度に出て他の作家に嫌われたり、裁判沙汰になるような女性問題なども起こし、人気は急落する。

 精神的にも安定性を欠き、奇矯な言動が目だつようになる。

 ある日、巣鴨地蔵尊の近くで警察署員に職務筆門された時、暴言などをはいて巣鴨署に拘引となる。精神鑑定の結果、統合失調症と鑑定され、巣鴨の精神病院に収容される。

 そのまま不遇のうちに精神科病院で没した(1930年4月29日(昭和5年))。

 享年31歳であった。

 彼の著作は、『地上』、『地を超ゆる』の他に短編集『大望』(1920)、評論集『勝利を前にして』(1922)がある。

このサイトについて

御祓地区コミュニティセンター(旧御祓公民館)は、住民が主体となって、自助、共助によるまちづくりを行う場として、また、住民が協力、連携したり、交流したりする場です。

御祓地域のコミュニティの中心となるよう、地域の皆さんが気軽に利用できるように、地域に密着した管理・運営を行います。

人気の記事

お問い合わせ先

御祓地区コミュニティセンター
〒926-0806
石川県七尾市一本杉町124番地
(旧御祓公民館)

TELL:0767-53-0821
FAX :0767-53-6210
メールアドレス:770misogi@gmail.com

検索

このサイトについて

石川県七尾市御祓地区の暮らし・魅力を発信するサイトです。

検索

お問い合わせ先

御祓地区地域づくり協議会
〒926-0806
石川県七尾市一本杉町124番地
(旧御祓公民館)

電話番号:0767-53-0821
メールアドレス:770misogi@gmail.com